ベルベースA外アンカー

漏水の不安が減少

保護コンクリートに取付ける場合に効果を発揮。本体を固定する12本のアンカー(標準長さ50mm)が保護コンクリート下の防水層を貫通しないため、漏水の不安がありません※。本体筒部から外側へ伸びた底板の穴を用いてアンカーで固定。アンカー頭部は底板の皿穴におさまるため、防水層を施工する場合の障害になりません。金属拡張アンカーを用いると、手早い設置が可能な上、既存防水層の復旧に直ちに着手出来るため、降雨に遭遇する確率が減少します。

※施工前に保護コンクリートの強度と厚さを確認のこと。

確実な設置強度

防水層への配慮

頭部が平らな心棒打込式の金属拡張アンカーを用いて、本体を下地へ取付けます。本体固定後にアンカーの皿頭が底板から飛び出さない構造になっているため、ベルベースに対し防水層を敷設する際、アンカー頭部と防水層が干渉しない配慮がなされています。アンカーの固定方法は金属拡張アンカー工法と接着系アンカー工法を選択可能です。

確実な設置強度

ベルベースの特徴

鋼製基礎ベルベースは、コンクリート基礎では叶わない軽量化や、既製品をアンカーボルトで固定するだけのスピーディな施工性等により大幅な工期短縮を実現しています。さらに、頭部の高さ及び水平調整が下地を固定した後にできる「あと調整」方式なので、施工に余裕が生まれると共に、施工精度も高まります。

ベルベースA/外アンカー 施工手順

施工手順 施工手順 施工手順 施工手順 施工手順 施工手順 施工手順
アンカーガイド板を用いて穿孔   金属拡張アンカーで固定   高力ボルトの締結   設置完了

ベルベースA/外アンカー 製品参考図

ベルベースA1/外アンカー/水上用   ベルベースA1/外アンカー/水下用
ベルベースA/内アンカー/水上用   ベルベースA/内アンカー/水下用
H鋼の設置方向   頭部寸法   底部寸法
H鋼の設置方向   頭部寸法   底部寸法

ベルベースA/外アンカー 防水層の納まり図

塩ビシート防水

塩ビシート防水

ウレタンゴム塗膜防水

ウレタンゴム塗膜防水

露出アスファルト防水

露出アスファルト防水

ベルベースA/外アンカー 設置例

躯体へ直接設置

躯体へ直接設置

防水:露出防水

アンカーを躯体に固着させるため、所定の固定強度が確実に得られる。保護コンクリートへの設置も含め、アンカーボルトの固定方法は金属拡張アンカー工法と接着系アンカー工法を選択可能。

躯体へ直接設置

躯体へ直接設置

防水:保護防水

既存保護コンクリートは撤去及び復旧。アンカーを躯体に固着させるため、所定の固定強度が確実に得られる。

保護コンクリートへの設置

保護コンクリートへの設置

防水層:保護防水のみ
防水層:保護防水 + 露出防水

アンカーの、保護コンクリートへの固着強度を確認すること。アンカーが防水層を貫通しないため、漏水の不安が無い。

ベルベースA/外アンカー 仕様

  ベルベースA/外アンカー/水上用 ベルベースA/外アンカー/水下用
 製品番号 VBA1o H500 VBA1i H550
 重量    
  全体(kg) 45 48
 高さ寸法    
  全体(mm) 450〜530 500〜580
 水平寸法    
  頭部(mm) 340×278  
  水切り(mm) 330×330  
  本体(mm) 250×250  
  底板(mm) 400×400  
 鋼種・厚さ 仕上げ等    
  頭部(mm) 鋼鉄、t 6.0、HDZ55仕上げ
  連結部(mm) 鋼鉄、t 6.0、HDZ55仕上げ
  水切り(mm) 鋼鉄、t 3.2、HDZ55仕上げ
  本体(mm) 鋼鉄、t 6.0、HDZ55仕上げ
  底板(mm) 鋼鉄、t 9.0、HDZ55仕上げ
  シャッター(mm)
  ボルト受けバー(mm) 鋼鉄、t 3.2、HDZ55仕上げ
  ボルト 高力ボルト8.8、HDZ55仕上げ
 本体強度    
  耐垂直荷重 ±30kN(≒3,000kg)
  耐水平荷重 30kN(≒3,000kg)

※鋼鉄…SS400:JIS G3101またはQ235B GB/T3274-2007 ※めっき…HDZ55:JIS H8641 ※高力ボルト…長穴への対応でワッシャを厚く大きくしているため、国交省認定品には該当しない。但し、ボルトおよびナットの寸法強度は認定品(F8T)と同じ